Techニュース仮想通貨政治・経済

「スイスの仮想通貨を取り扱う会社の90%は6ヶ月で破綻する可能性」があるとスイスブロックチェーン連盟が報告

スイスブロックチェーン協会はスイスの暗号通貨・ブロックチェーン企業の最大90%が、政府の支援なしに6ヶ月で破産する可能性がある、と報告したことを、「beincrypto.com」のRahul N.が書いています。

なぜそのような事態が起こり得るのでしょうか。
コロナウイルスによる世界同時不況が原因です。多くの企業が倒産したり、従業員を解雇したり、資金集めに奔走していたりします。
飲食業界・航空業界・宿泊業界等は多くが致命的な影響を受けています。

そしてそれらの被害は仮想通貨業界にも暗い影を落としているようです。
スイスブロックチェーン協会は、スイス内にある暗号通貨会社800社と連絡を取り、コロナ禍がビジネスにどのような影響を及ぼしたか調査しました。

その結果80%~90%が、政府による支援が無い限り今後6ヶ月で破産する可能性が高い、との結論を出したということです。

「スタートアップ」に落ちた雷

今回のコロナ禍は、スタートアップ企業に対し大変厳しい状況です。
多くのスタートアップ企業は、躍進するIT関連の技術と、それに期待する投資家・投資銀行により支えられてきました。
しかし突如起こったリーマンショック以上の不況時、多くの投資家は自分の資産を保護するため、資金を引き上げています。
無理もないことですが、多くのスタートアップ企業にとっては、水が亡くなったようなものです。

特に仮想通貨業界は、ハイリスクハイリターンな業界です。この情勢下でそのような業界に投資することは、大きな賭けになるでしょう。
そして多くの場合仮想通貨は、それを保持する会社が倒産した際、大きな値動きを記録します。

6ヶ月で仮想通貨関連の会社がどのぐらい破産するのか、まだわかりませんが、仮想通貨の価値に大きな影響を及ぼす可能性は少なくありません。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button